/

ユーロ圏、ゼロ成長 4~6月、ドイツはマイナスに

【ブリュッセル=御調昌邦】欧州連合(EU)統計局は14日、ユーロ圏18カ国の4~6月期の域内総生産(GDP)が、物価の影響を除いた実質で前期から横ばいのゼロ成長だったと発表した。最大の経済国であるドイツと、フランスに次いで3位のイタリアがともに前期比0.2%減とマイナス成長に陥った。

4~6月期のユーロ圏のGDPは市場予測の平均(0.1%増)を下回った。統計局によると、年率換算で0.2%増となった。ユーロ圏では債務危機の沈静化を受け昨年4~6月期から1年間プラス成長が続いたが、低迷期に戻った。

ユーロ圏全体のGDPの約3割を占めるドイツは1~3月期の0.7%増から5四半期ぶりのマイナス成長に転落した。暖冬の影響で高めの成長となった前期の反動が出たうえ「輸出の伸びが輸入に比べ小さかった」(独連邦統計局)という。輸出で稼いでいたドイツ企業の活動が弱まり始めた可能性もある。

フランスは2期連続で横ばいとなった。サパン財政相は1%としてきた同国の14年の成長率見通しを0.5%程度まで下がるとの見解を示した。イタリアは2期連続のマイナスで、再び景気後退期に入った。

EUからの金融支援を脱したスペインとポルトガルはいずれも0.6%増と底堅く推移した。

EUにとってロシアは米国、中国に次ぐ貿易相手国。年明け以降、ロシアとの貿易量は前年に比べ1割程度落ち込んだ。ロシアとの関係悪化は引き続き懸念材料だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン