欧州企業、スリム化急ぐ
ミタル、グループ4社売却 ボルボ、航空エンジン撤退

2012/8/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【フランクフルト=下田英一郎】債務危機の広がりで経済の低迷が鮮明になる欧州で大手企業が経営のスリム化を急ぎ始めた。鉄鋼世界最大手アルセロール・ミタル(ルクセンブルク)は、今年に入りグループ企業4社を売却。トラック大手のボルボ(スウェーデン)は、航空エンジン事業から撤退する。新興国の景気減速も業績に響いており、非中核事業や余剰人員の削減で収益力を強化し、危機克服を探る。

ミタルのラクシュミ・ミタル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]