米政権、銃規制巡り攻勢 副大統領「15日までに対策」
銃の定義焦点

2013/1/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=吉野直也】昨年12月の米東部コネティカット州の小学校銃乱射事件を踏まえ、銃規制に取り組むオバマ米政権が攻勢を強めている。対策の責任者であるバイデン副大統領は連日、銃規制賛成、反対両派の団体と会談。10日にはオバマ大統領に15日までに対策を提出すると宣言した。規制対象として想定する「攻撃用銃器」の定義が今後の焦点になる。

「行動を起こすと決めた」。バイデン氏は9日から銃規制賛成、反対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]