/

仏トタル、ロシアガス大手と提携

ノバテクに3300億円出資 北部ガス田を開発

【モスクワ=金子夏樹】仏エネルギー大手トタルとロシア天然ガス2位ノバテクはロシア北部ヤマル半島のガス田開発に向け、資本・業務提携することで合意した。トタルはノバテクの株式12%を40億ドル(約3300億円)で取得し、今後3年で19.4%まで買い増す。

ノバテクはヤマル半島で本格化するガス田開発や液化天然ガス(LNG)の輸出に向け、トタルの技術や資金を導入する。

ノバテクのレオニード・ミケルソン最高経営責任者(CEO)は「ほかの海外企業とも交渉を続けており、近く合意できるだろう」との見通しを示した。ヤマル半島のLNG開発には、三菱商事や三井物産も参画を検討している。

ノバテクの開発するガス田の推定埋蔵量は4000億立方メートル超。LNG基地を含む設備投資額は200億ドルに達する見通しで、2016年の生産開始には外資導入が不可欠だった。

トタルはノバテクのLNG事業子会社「ヤマルLNG」の株式を2割取得することでも合意した。LNGは北極海航路で欧州やアジアに輸出する計画だ。

ノバテクはプーチン首相と近い大富豪ゲンナジー・ティムチェンコ氏が大株主で、今回の合意はロシア政府も後押し。同首相は2日「大きな可能性を持つすばらしい合意だ」と述べた。

ロシアは深海部の探査・開発やLNG開発に向け、外資の技術やノウハウを導入する姿勢を鮮明にしている。ロシア石油最大手ロスネフチも今年に英石油大手BPと資本・業務提携したほか、米エクソンモービルとも油田開発で提携した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン