2019年7月20日(土)

万能細胞 体のあらゆる組織に成長

2014/1/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

▽…神経や心臓など体のあらゆる組織に成長できる性質を持つ細胞。よく知られているのが京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞で、皮膚などの細胞に遺伝子を入れて作る。2006年にマウスで初めて作製に成功し、翌年には人の細胞でも作ったと発表した。この功績で山中教授は12年にノーベル生理学・医学賞に輝いた。iPS細胞以外には受精卵を壊して作る胚性幹細胞(ES細胞)がある。作り方の異なるSTAP細胞は人間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。