/

この記事は会員限定です

Q&A 日本の製薬会社、影響は? 遺伝子特許 米最高裁認めず

巨額支払い リスク軽減

[有料会員限定]

米連邦最高裁判所が13日、米バイオベンチャー企業が保有する乳がんや卵巣がんのリスクを高める遺伝子の特許を無効とする判決を出した。ただ、合成したDNAは特許の対象になるとの見解だ。判決の意味や産業への影響をまとめた。

Q 問題の遺伝子はどんなものなのか。

A ミリアド・ジェネティクス(米ユタ州)が特許を持つ2つの遺伝子「BRCA1」「同2」で、変異があるとがんになりやすくなる。同社は血液検査で変異を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン