汚染水処理、綻び目立つ 東電、対応後手に
仮設施設頼み限界

2013/4/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

福島第1原子力発電所の地下貯水槽から汚染水が相次いで漏れた問題で、東京電力の広瀬直己社長は8日、茂木敏充経済産業相を訪ねて謝罪した。原因究明は遅れており、増え続ける汚染水の抜本的な解決法を見いだせないまま、仮設の施設でしのぐ現状は綻びが目立ち始めた。相次ぐトラブルで、地元の福島県では反発が強まっている。

汚染水は原子炉を冷やすために注入した水を回収したもの。東電は当初、汚染水から放射性物質の一部…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

廃炉への道

検証と再発防止

環境・除染

補償・賠償

電子版トップ



[PR]