黒田日銀3カ月、市場との対話に課題残る
長期金利なお不安定

2013/6/20付
保存
共有
印刷
その他

日銀総裁に黒田東彦氏が就任してから20日で3カ月たった。金融緩和の尺度である当座預金残高は20日、過去最高の80兆円に達する見込みだ。積極的な金融緩和へ「体制転換」を打ち出し、従来の日銀のイメージを一新した。ただ、長期金利の乱高下など市場は乱調気味。脱デフレ実現へ、市場との対話に課題を残している。

「日銀の量的質的緩和の意図について誤解や混乱を招いた面があったとすれば遺憾だし、反省している」。1…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]