/

この記事は会員限定です

日本酒の関税撤廃提案 政府、月内にも

[有料会員限定]

環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る交渉で政府は日本酒の輸入関税をなくす案を参加国に示す方針を固めた。11月にも提示する。海外でつくる日本酒の関税をなくす代わりに、参加国にも日本産の輸入関税の撤廃を求める。海外でも日本酒の消費が伸びているため、日本産と海外産の価格差を縮め、農林水産品・食品の輸出の底上げにつなげる考えだ。

農林水産省によると、フランスのワインの輸出額は2011年に7740億円、英国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン