/

辻元国交副大臣が涙の辞任 「普天間問題、社民にも責任」

社民党の連立離脱決定を受け、辻元清美国土交通副大臣は31日昼、前原誠司国交相に辞表を提出し、受理された。辻元氏は記者団に「辺野古に戻る結果になったのは政権の中にいた私たちにも責任がある。違った選択を政権に迫っていきたい」と述べた。辞表を提出する前「これからもやっていけるところは外から協力したい」と涙を流していた。(1面参照

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン