/

この記事は会員限定です

橋下市長の問責否決 慰安婦発言で大阪市議会

橋下氏は出直し選の可能性否定

[有料会員限定]

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長に対する大阪市議会での問責決議案が30日夜、市議会本会議で否決された。一時は問責可決の場合、橋下氏が辞職して出直し市長選に打って出るとの観測が広がったが、橋下氏は問責否決を受けて記者団に出直し市長選の可能性を否定した。

橋下氏は問責決議が出されたことについて「重く受けとめないといけない」と強調。従軍慰安婦を巡る一連の発言には「誤解が生じたことは市民に申し訳ない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン