/

この記事は会員限定です

追加除染、国が負担 政府・与党調整

土壌の貯蔵施設も

[有料会員限定]

政府・与党は28日、東京電力福島第1原子力発電所周辺の除染費用を国も一部負担する方向で調整に入った。計画済みの1.5兆円分の除染は東電に請求するが、それ以外の再除染などは国が公共事業として実施する。除染ではぎ取った土を運び込む中間貯蔵施設も国費で建設する方針だ。法律では東電が全額負担する方向だったが、東電任せでは除染が遅れて復興も進まないと判断した。

自民党の東日本大震災復興加速化本部(大島理森本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン