/

この記事は会員限定です

被災地自治体、食品検査を強化 放射性物質の基準厳格化

海域を区分、機器も増やす 安全性をアピール

[有料会員限定]

食品に含まれる放射性物質の基準が4月から厳しくなるのに伴い、宮城県や福島県など被災地域の自治体が検査体制を強化している。宮城県は4月1日から海域を区分して放射性物質検査を始め、福島県も飲料水の検査機器を増やした。各自治体とも検査体制の拡充で地域産品の安全性をアピールし、消費者の不安払拭につなげたい考えだ。

食品に含まれる放射性セシウムの基準は現在の暫定規制値の4分の1~20分の1に引き下げられる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン