/

この記事は会員限定です

1票の格差是正の法案「解散前に成立を」59%

[有料会員限定]

衆参両院の選挙区の1票の格差を是正する選挙制度改革法案について、59%が「法案を成立させてから解散すべきだ」と答えた。早期の衆院解散を求める自民党の支持層でも法案成立後の解散を求める回答が51%を占め、「解散優先」の31%を大きく上回った。

全体の4割の人が年内の解散を求めるなかでも、1票の格差の問題は放置できないとの認識が読みとれる。

民主党は最高裁が2009年衆院選での小選挙区の1票...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン