/

この記事は会員限定です

進展も合意届かず TPP日米協議を継続

牛肉など歩み寄り 豚肉・車、最後の壁

[有料会員限定]

貿易や投資の自由化を目指す環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る日米協議は25日、双方の対立を解消できずに交渉を終えた。日米両政府は同日午前、24日の首脳会談で合意した内容を踏まえ共同声明を発表した。焦点の農産品の関税協議で「合意」という文言はなかったが、重要課題で「前進する道筋を特定した」と盛り込み、進展を強調した。日米は実務者協議を続け、積み残した豚肉や自動車などの合意を目指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン