子ども手当・高速無料化…政権公約、軒並み撤回

2011/12/24付
保存
共有
印刷
その他

八ツ場ダムの建設再開の決定により、民主党が2009年の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた目玉政策は軒並み撤回・修正に追い込まれた。マニフェストが現実性に乏しかったことを裏付けた格好だ。党内からは「公約違反」との批判が多く、消費増税論議にも影を落としそうだ。

マニフェストは「コンクリートから人へ」の理念を掲げ、公共事業について「時代に合わない国の大型直轄事業は全面的に見直す」として、1兆3千億…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]