/

この記事は会員限定です

民主、責任論相次ぐ 執行部の刷新要求

海江田氏は細野氏慰留

[有料会員限定]

参院選で17議席と過去最低の惨敗を喫した民主党内で22日、海江田万里代表ら執行部の進退論が相次いだ。出直しには体制の刷新が欠かせないとみるためだ。海江田氏は辞意を示唆した細野豪志幹事長を慰留したい考えで、22日昼、党本部で協議した。馬淵澄夫幹事長代行は執行部で参院選総括と責任問題を早急に議論する考えを示した。

馬淵氏は22日朝のNHK番組で、選挙結果について「民主党の再建に十分な信頼の回復をとげて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り693文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン