/

この記事は会員限定です

自民、福島原発の対応そろわず

提言が交錯、調整難航なら政策決定に遅れも

[有料会員限定]

東京電力福島第1原発事故への対応で、自民党内の足並みがそろわない。被災地の除染に国費を投入するかどうかや、汚染水対策の進め方をめぐり、方向性の異なる提言や主張が乱れ飛ぶ。政府は「東電任せにせず、国が前面に出る」との姿勢を強めている。党内の意見をまとめられなければ、政府の方針決定が遅れる恐れもある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン