2018年10月16日(火)

知的財産や郵政 日米が並行協議 非関税9項目、TPPにらむ

2013/4/18付
保存
共有
印刷
その他

環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉と並行して日米で協議する「非関税障壁」の内容がわかった。日本郵政傘下のかんぽ生命保険と外資生保の公平な競争条件の確保を筆頭に、著作権を中心とする知的財産権の保護強化など9項目が並ぶ。日本の国内向けの発表文では簡単に例示されただけで、詳しい説明はない。両国で受け止め方に違いもでそうだ。

非関税障壁は関税以外で貿易の妨げになる分野を指す。その国独自の規制や規格、制度などがある。日米ではTPP交渉とは別に非関税障壁と自動車について並行協議することで合意した。

米通商代表部(USTR)が発表した「非関税障壁を巡る日本との協議内容」によると、米側が真っ先に挙げたのは「保険」。かんぽ生命との公平な競争環境を改めて求めた。日本郵便の手がけるEMS(国際スピード郵便)も別の項目で公平な競争を求めた。日本の発表文では「急送便」と一言触れただけだ。

米側が最も手厚く記述したのは「知的財産権」。著作権など知的財産権の保護を強めるよう迫る構え。米国は著作権の保護期間を50年から70年に延長するよう訴えている。

「検疫」では米側が日本の食品添加物の審査手続きを早めるように求めた。日本が認める添加物は約800種類で米国は3000種類ある。日本で規制緩和が進めば米国の食品メーカーの輸出増につながるとみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報