首相「第三極は野合」  安倍氏「市場、自民に期待」
師走選挙へ党首始動

2012/11/17付
保存
共有
印刷
その他

衆院解散から一夜明けた17日、与野党は12月4日公示―16日投開票の「師走選挙」に向けた事実上の選挙戦に入った。野田佳彦首相(民主党代表)の解散宣言から3日。1カ月後に迫った審判を控え、党首らは慌ただしく駆け出し、陣営は候補者の擁立作業やマニフェスト(政権公約)づくりなどを急ピッチで進めた。

17日、都立工芸高校を視察後、記者の質問に答える野田首相(東京都文京区)

街頭演説をする自民党の安倍総裁(熊本市東区)

首相は17日午前、都立高校の視察後、記者団に「これからの4年間、民主党政権を続けられるよう全力を尽くす」と意気込みを示した。「第三極」の動きについては「小異を捨てて大同につくという言葉を安易に使うが(消費)税、環太平洋経済連携協定(TPP)を含めた経済、外交・安全保障はどうするのか。大事なものを捨ててくっつくのは野合だ」と批判した。

自民党の安倍晋三総裁は熊本市内で街頭演説し、政権を奪還すれば「必ずデフレを脱却し、円高を是正する」と強調。無制限の金融緩和を主張した自らの発言で金融市場が反応したことに触れ「市場はまさに野田政権の退場と自民党政権の誕生を待っている」と力説した。

第三極結集を目指す日本維新の会代表の橋下徹大阪市長と幹事長の松井一郎大阪府知事は、17日夕にも石原慎太郎前東京都知事が共同代表を務める太陽の党との合流発表を予定する。維新の第1次公認候補者発表も見込んでおり、詰めの作業を行っているもようだ。太陽との合流が白紙となった減税日本の小林興起氏は読売テレビ番組で「巨大な第三極が必ずできる」と強調した。

衆院で第3党の「国民の生活が第一」は東祥三幹事長が読売テレビ番組で「脱原発、脱消費増税、脱中央集権体制の3つの緊急課題を訴えている。国民の支持と理解を得られる」と語った。

選挙後に自民党との連立政権樹立を目指す公明党の山口那津男代表は都内のJR池袋駅東口で街頭演説し「民主党政権の失政で政治空白が起きたこの3年間を国民の手で取り戻そう」と意欲をみせた。

共産党の志位和夫委員長は17日午前、党本部で開く選挙対策会議に出席し、今後の選挙戦略を巡って協議。みんなの党の渡辺喜美代表は午後、民主党に離党届を出した富岡芳忠氏と会い、入党を呼びかける方針だ。

社民党の福島瑞穂党首は同番組で「脱原発や生活再建を訴えていく。命を守る政党として躍進したい」と抱負を語った。国民新党の自見庄三郎代表は「全公認候補が当選するよう全力を挙げる」と述べた。新党大地・真民主の鈴木宗男代表は「北方領土の解決は新党大地がやる」と力説した。

新党日本の田中康夫代表は「増税で景気浮揚した国家はない」と消費増税への反対を訴え、みどりの風の亀井亜紀子共同代表は「TPP交渉参加に堂々と反対して戦う」と抱負を述べた。新党改革の荒井広幸幹事長は「政界再編の触媒役を果たしていく」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]