首相、世論説得に腐心 報告書とは一線強調

2014/5/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相は15日の記者会見で、集団的自衛権の行使容認に慎重な世論に配慮しつつ、憲法解釈の見直しに意欲を示した。積極的な行使を求める有識者会議の報告とは一線を画し、パネルを使って身近な課題だとの印象を与えようと腐心。経済優先の政権運営が軌道に乗りつつある中、肝煎りの解釈変更に国民の理解を得ようと心を砕いた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]