解散にらみ維新へ接近 民自議員、合流や新党視野

2012/8/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

橋下徹大阪市長が率いる「大阪維新の会」をめぐり、民主、自民など超党派の議員で維新への合流や新党結成を模索する動きが出ている。次期衆院選で維新が候補者を本格的に擁立すれば「既成政党には厳しい戦いとなる」との見方があり、維新との協力に期待する議員が増えている。

積極姿勢が目立つのが、民主党の松野頼久元官房副長官や自民党の松浪健太衆院議員が中心に立ち上げた「道州制型統治機構研究会」だ。超党派議員十数人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]