事実上の「日米FTA」に TPP参加で関税撤廃

2010/11/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本にとってTPPへの参加は事実上、日米FTAの締結と同じ意味を持つ。TPPの交渉・締結国に日本を加えた10カ国の名目国内総生産(GDP)は2009年時点で合計21兆ドル。その9割以上を日米の2カ国が占める。すべての物品の関税を即時または10年以内に撤廃するのがTPPの原則。第一生命経済研究所の永浜利広主席エコノミストが08年のデータをもとに試算したところ、米国が関税を撤廃すれば、日本の輸出額が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

TPP閣議決定


関連キーワード

電子版トップ



[PR]