/

この記事は会員限定です

「国立大発」起業後押し 規制緩和、投資子会社解禁へ

政府目標、新産業10年で20超

[有料会員限定]

政府は国立大学発のベンチャー企業育成に乗り出す。国立大学の出資規制を緩和してベンチャーキャピタル(VC)子会社の設置を認め、大学発のベンチャーに投資できる仕組みを2014年度にも導入する。金融や経営のノウハウを持つ専門家をVCに招き、事業を後押しする。大学が持つ研究成果や知的財産を基にした新産業を今後10年で20以上つくる目標を掲げる。

来年の通常国会に国立大学法人法改正案を提出する方針。文部科学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン