/

この記事は会員限定です

維新、9選挙区で公明の対抗馬立てず 衆院選、全国で公募

[有料会員限定]

橋下徹大阪市長が率いる地域政党「大阪維新の会」は、全国300小選挙区のうち、公明党が候補者を立てる9選挙区を除くほぼ全てで、次期衆院選の候補者を公募する方針を固めた。小選挙区、比例代表を合わせ300~400人の候補者擁立を狙い、過半数の議席獲得を目指す。8日の全体会合で国政進出を正式決定する方針だ。

維新幹事長の松井一郎大阪府知事は7日夜、大阪市内で公明党の白浜一良副代表と会談した。大阪府と兵庫県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン