/

この記事は会員限定です

TPP「聖域」絞り込み 関税撤廃、223品目検討

政府・与党、交渉難航打開へ

[有料会員限定]

【バリ(インドネシア)=鈴木大祐】環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る交渉で、政府・与党はコメや砂糖など「聖域」とされる重要5分野の品目の絞り込みに乗り出す。難航する交渉の打開に向け、関税撤廃の例外品目の縮小を視野に入れる必要があると判断した。5分野の586品目のうち、加工米など副次的な産品である223品目が撤廃の検討対象となる見通し。政府・与党は近く撤廃された場合の影響の検証に着手する。

バリで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン