維新、民主を批判
公示後初の日曜日、各党党首が支持訴え

2013/7/8付
保存
共有
印刷
その他

参院選公示後、初の日曜日となった7日、与野党党首は各地で支持を訴えた。

安倍晋三首相(自民党総裁)は山梨県や神奈川県で候補を応援。公明党の山口那津男代表は大阪市の街頭演説で、消費増税の際に「軽減税率を実現すべきだ」と述べた。

民主党の海江田万里代表は千葉県木更津市で「安倍首相の経済政策で賃金が上がる保証はどこにもない」と主張した。

日本維新の会の橋下徹共同代表は千葉県船橋市で「維新は民主党のように反対ばかりの野党ではない」と、民主党を批判しながら改革に取り組む姿勢を強調。「自民党の圧勝ムードをなんとか抑えよう」と訴えた。みんなの党の渡辺喜美代表は、福岡、兵庫、大阪、京都と4つの複数区をまわった。

生活の党の小沢一郎代表は公示後初めて地元の岩手に入り、盛岡市内の演説会で「強いものが勝てばいいという政権運営をすると大都市と地方の格差はどんどん開く」と安倍政権を批判した。

共産党は都内で志位和夫委員長が若者の疑問に答える集会を開催。労働環境が厳しい「ブラック企業」での経験を聞いた志位氏は「こうした企業を根絶しないといけない」と訴えた。社民党の福島瑞穂党首は大分市で支持拡大を訴えた。みどりの風の谷岡郁子代表は都内で街頭演説した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]