AIJと契約の31年金が積み立て不足
国の代行運用分で

2012/3/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

年金資産の消失問題で、AIJ投資顧問と契約していた74の厚生年金基金のうち、31の厚年基金が、公的年金の一部を国に代わって運用している「代行部分」でも積み立て不足に陥っていたことが6日、分かった。厚年基金の財政が著しく悪化するなか積み立て不足を何とか解消しようと、高利回りを掲げるAIJに多くを委託した構図が浮かび上がった。

2011年3月末時点でAIJに委託していた74基金を厚生労働省が調査した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]