/

「物価上がる」が8割超 予想上昇率、平均5.1%

日銀調査

物価上昇を予想する個人が着実に増えている。日銀が5日発表した四半期ごとの「生活意識に関するアンケート調査」によると、消費税引き上げの影響を除いた1年後の物価が「上がる」と予想する回答が全体の8割を超えた。2008年9月以来約5年ぶりの高さだった。

1年後の予想物価上昇率(前年比)の平均は5.1%で、前回の3月調査から1.1ポイント高まった。08年12月(5.7%)以来の水準だ。

現在の物価水準が1年前よりも「上がった」と答えたのは5割超。そのうち約8割が、物価の上昇は「どちらかというと困る」との認識を示した。

世帯収入の1年後の見通しが「変わらない」との回答は58%で、前回から5ポイント上がった。「増える」との回答は1割弱で、前回からわずかに低下した。

一方、先行きの支出を「増やす」との答えは6%強で、1993年の調査開始以降で最高となった。また、いまの支出が1年前より「増えた」との回答は34.5%で、前回から2ポイント上昇した。

野村証券の尾畑秀一氏は「物価の上昇を見込む回答が多いのに対し、収入が高まると見込む声が少ない」と指摘する。収入増よりも物価上昇が先行するとの予想が多く、賃金や所得増加を伴う物価上昇につながるかはなお不透明だ。

先行きの地価動向については、地価見通し判断指数(DI)がプラス23.3と、前回から上昇。07年9月以来の高水準になった。

個人の景況感を示す判断指数はマイナス4.8と前回から17.8ポイント改善し、06年6月以来の水準だった。1年後の景況感DIはプラス7.5と過去最高となった。

調査は5月10日~6月5日に実施。満20歳以上の計4000人を対象に実施し、有効回答率は56.8%だった。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン