/

この記事は会員限定です

経済・医療で国際競争力 戦略特区に首都圏・京阪神

農業・雇用特区は難航

[有料会員限定]

政府は「国家戦略特区」の地域を3月下旬に指定する。競争力のある拠点作りを目指す特区として、東京都と神奈川県を中心とした首都圏と、大阪府に京都市や神戸市を加えたエリアを指定する方針。容積率の緩和や外国人医師の診察解禁などを通じ、国際的なビジネスや医療の拠点をつくる。

3月下旬に国家戦略特別区域諮問会議を開き、地域の指定を正式に決める。その後、それぞれの特区ごとに国・地方・民間からなる会議を設置し、具...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン