「痛み」参院選後に先送り 成長戦略
農業や医療、支持団体の反発避ける

2013/6/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相は第1~第3弾の成長戦略で、農業や医療などの「痛み」を伴う改革には踏み込まず、7月の参院選後に先送りした。自民党の支持団体などの反発を避けた格好だ。

「どのような岩盤にもひるむことなく立ち向かっていく」。首相の意気込みとは裏腹に安全運転が目立つ。日本医師会が反発する、保険診療と保険外診療を組み合わせた「混合診療」の全面解禁は回避。産業界が求めた株式会社による農地所有の自由化も、農協に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]