政府、TPP7月参加へ調整加速 交渉体制を決定

2013/4/5付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

政府は5日の閣議で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に臨む体制を決定した。関係閣僚会議の下に各省横断の対策本部を設置する。交渉を統括する「首席交渉官」に鶴岡公二外務審議官(経済担当)、国内対策を仕切る「国内調整総括官」に佐々木豊成前官房副長官補を起用する人事を正式に決めた。7月の交渉参加を目指し、各国との事前交渉を急ぐ。

安倍晋三首相は閣議で「交渉力を駆使して国益にかなう最善の結果を追求するた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]