/

この記事は会員限定です

民・自・第三極、対決200超 都市部、候補者が乱立

地方、二大政党型に

[有料会員限定]

4日公示の衆院選は、既成政党に対抗する「第三極」が多くの小選挙区で候補者を擁立した。与党の民主、国民新両党と政権奪還を目指す自民、公明両党、第三極の日本維新の会などが対決する「三つどもえ」型は300選挙区のうち200強にのぼる。都市部では特に中小政党が候補を乱立する傾向が顕著だ。政策の争点や有権者の票が分散する可能性もある。

政党の対決構図で最も多いのが「民主・国民新VS自公VS第三極」の三つども...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン