/

この記事は会員限定です

ベネッセ漏洩3504万件に DM営業、徹底見直し

顧客データ、社内で管理/補償は1件500円の金券

[有料会員限定]

ベネッセホールディングス(HD)の原田泳幸会長兼社長は10日、顧客情報流出事件について記者会見し、「ダイレクトメール(DM)を大量に郵送し、新規顧客を獲得してきた営業手法を徹底的に見直す」と述べた。7月に発覚した漏洩での被害が約3504万件にのぼったことを明らかにし、今後は顧客データ管理で外部委託を全面的に中止、社内で管理するなどの対策も発表した。

ベネッセは商業施設などでイベントを開き、そこで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り540文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません