/

愛知のウイルス、強毒性と判明

愛知県は29日、鳥インフルエンザの感染が確認された同県豊橋市の養鶏農場の鶏から分離されたウイルスを検査した結果、「H5型」の強毒性であることが判明したと発表した。また県は発生農場の鶏の殺処分について、人員を倍増させ約200人態勢とし、完了を2月初めから今月31日に前倒しするとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン