2019年2月23日(土)
トップ > 特集 > 自治体・政府 > 記事

防潮堤 地域差じわり 宮城「巨大すぎる」住民反発
岩手、低く抑えて着々

2014/1/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東日本大震災で大きな津波被害を受けた沿岸部で、防潮堤の建設を巡り明暗が分かれつつある。岩手県が全予定地で住民の合意を取り付けて工事を進める一方、宮城県は「巨大すぎる」と多くの地域の住民が反発。福島県では原発事故の影響で工事が遅れている。漁業や観光など地域産業の振興と防災の折り合いをどうつけるのか、各地で模索が続く。

宮城県気仙沼市東部の唐桑半島にある鮪立(しびたち)地区では、高さ9.9メートルの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報