/

この記事は会員限定です

状況証拠に高い壁 裁判所、検察捜査の見直し迫る

[有料会員限定]

小沢一郎元代表を無罪とした26日の東京地裁判決は、元代表自身の虚偽記入への関与について、客観証拠を積み上げた検察官役の指定弁護士の主張を退けた。状況証拠に基づく共謀関係の立証の難しさが問われたともいえ、裁判所の厳しい批判を浴びた検察には、捜査のあり方を改めて見直す姿勢が求められそうだ。

判決の大きな焦点となっていたのは、直接、収支報告書を作成した元秘書、石川知裕衆院議員(38)=一審有罪、控訴中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り668文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン