トップ > 特集 > 福島原発 > 記事

汚染水、土壌に染み込む 福島第1原発で東電謝罪
タンクから漏れ最大量

2013/8/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

東京電力福島第1原発の地上タンクから汚染水が漏れ出した問題で、東電は20日、漏れた量は約300トンに上り、大半が周辺の土壌に染み込んでいることを明らかにした。東電は同日午後、担当者が臨時の記者会見を開き「大変なご心配をおかけした」と謝罪。「漏れ出した原因は特定できていない」「漏洩は続いている」と硬い表情で語った。

報道陣ら約60人が集まった東電本店(東京・千代田)の会見場。尾野昌之原子力・立地本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]