2019年6月25日(火)

福島・二本松のコメ初出荷 放射線検査クリア受け

2011/10/19付
保存
共有
印刷
その他

収穫前のコメの検査で一部から国の暫定規制値ちょうどの放射性セシウムが検出された福島県二本松市で、収穫後の検査をクリアしたのを受けて19日までに、今年作付けのコメが初出荷された。

市内にあるJAみちのく安達の倉庫で18日行われた出発式で、三保恵一市長は「安全でおいしい二本松のコメを全国の皆さんに食べてほしい」とあいさつ。800袋、約24トンのコメを積んだトラック2台が首都圏などに向け走り出し、関係者らが手を振って見送った。

出発式に参加した農業、佐々木三郎さん(67)は「平年より出来が良い。出荷できてほっとした」と話した。

収穫前の9月、二本松市の旧小浜町のコメで1キログラム当たり500ベクレルのセシウムを検出。県は同市を「重点調査区域」に指定し、収穫後の検査で調査地点を大幅に増やして調べた結果、すべて規制値を下回った。規制値ちょうどだった農家のコメは県が全量買い上げ、市場には出回らない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報