悪質アプリに注意、個人情報流出の恐れ

2012/4/24付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

スマホはアプリ(応用ソフト)の導入で様々な使い方が可能だが、悪質なアプリやコンピューターウイルスにも注意が必要だ。

独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)によると、基本ソフト「アンドロイド」を搭載した機種向けで今月、電話帳に登録された名前や電話番号を勝手に外部送信するアプリの存在が判明。数百万人規模の個人情報が流出した恐れが出ている。1月には、料金の不正請求画面が消…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]