/

この記事は会員限定です

ネット暗号化ソフト欠陥 利用サイト、対策急ぐ

個人情報漏洩の恐れ

[有料会員限定]

インターネットの通信販売やネットバンキングなどで広く使われている暗号化ソフト「オープンSSL」に見つかった「深刻な欠陥」が波紋を広げている。脆弱な部分を攻撃されると利用者の個人情報が漏洩する恐れがある。同ソフトは世界のサイトの約3分の2で使われているとも言われ、各国の政府などはサイト運営者に修正版への早急な更新を求めている。

「今回の問題は、ネット上の暗号化が安全だという前提が覆る話。10年に1回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン