/

甲状腺被曝 最大33ミリシーベルト 福島で調査

弘前大「子供の健康支援を」

弘前大被ばく医療総合研究所(青森県弘前市)の床次真司教授のグループは12日、福島県の62人を対象に、東京電力福島第1原子力発電所事故で放出された放射性ヨウ素による内部被曝(ひばく)状況を調査したところ、最大で甲状腺に33ミリシーベルトの被曝をした人がいたと発表した。

62人のうち46人の甲状腺から放射性ヨウ素を検出したが、国際原子力機関が甲状腺被曝を防ぐため安定ヨウ素剤を飲む目安としている50ミリシーベルトを超えた人はいなかった。

今回、未成年の最大被曝量は23ミリシーベルトだったが、床次教授は、子供は大人よりも影響を受けやすいとした上で「福島県は行動調査で被曝量の多い子供を特定し健康支援をすべきだ」と提言した。

床次教授は3月、62人が昨年3月12日に被曝したと仮定し最大87ミリシーベルトの被曝があったと公表したが、福島県飯舘村のモニタリングデータに基づき、同月15日の午後1~5時の間に被曝したと条件を修正、再解析した。

調査は昨年4月、原発事故で福島県南相馬市から福島市に避難した45人と、福島県浪江町津島地区周辺にとどまっていた17人を対象に行った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン