トップ > 特集 > 自治体・政府 > 記事

福島県の作付け制限、今年2000ヘクタール解除
全袋検査は継続

2013/10/23付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

農林水産省は今年、除染の進捗や昨年4月以降の避難区域見直しなどを踏まえ、コメの生産管理区域を再編した。試験栽培以外の作付けができない「作付制限区域」は福島第1原発周辺の7市町村の全域または一部の計約5300ヘクタールとし、9市町村の計約2千ヘクタールで作付け制限を解除した。

来年度以降の本格栽培を見込む約4千ヘクタールは「作付…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]