/

この記事は会員限定です

南海トラフ地震、最長で200年周期 確率見直しも

産総研調査

[有料会員限定]

大阪市立大学と産業技術総合研究所などの研究チームは、東海、東南海、南海の3地震の危険性が指摘されている海底の「南海トラフ」沿いで、過去に津波を伴う大地震が繰り返した周期が100~200年とする研究結果をまとめた。古い地層から見つかった津波堆積物を調べて分かった。東海や南海地震はこれまで100~150年周期と考えられてきており、政府が算定する地震の発生確率に影響を与える可能性がある。

12日に静岡市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン