福島から首都圏への避難者、半数超がPTSDか 支援団体アンケート

2014/5/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

東日本大震災がきっかけで福島県から首都圏に避難した住民を対象に支援団体がアンケートを実施、回答者の57.7%が心的外傷後ストレス障害(PTSD)の可能性があるとする結果を、10日までに明らかにした。

「震災支援ネットワーク埼玉」などが3~4月、震災や東京電力福島第1原発事故で東京都と埼玉県に避難している3599世帯を対象に14項目を調査。回収した600世帯の代表者の回答を速報値にまとめた。今回で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]