/

汚染水漏洩はタンク底部から 東電が特定

福島第1原子力発電所のタンクから放射性物質を含む汚染水300トンが漏れた問題で、東京電力は9日までに、タンク底部のつなぎ目部分で隙間やさびなどを確認し、漏水部分として特定したと発表した。

つなぎ目はボルトで締め付けており、東電はねじ穴から汚染水が入り込んで腐食させ、漏洩につながったとみている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン