/

揺れ小さく津波大きく 東北震度5弱「アウターライズ地震」

東日本大震災の余震 気象庁「今後も警戒を」

気象庁は7日発生した三陸沖を震源とする推定マグニチュード(M)7.3の地震について、東日本大震災の余震で、海溝の外側が震源となる「アウターライズ地震」との見解を示した。アウターライズ地震は、震源が浅く、比較的小さな揺れでも津波が発生する可能性が高いとされている。

記者会見した永井章・地震津波監視課長は今回の地震をプレート境界より沖合で起こるアウターライズ地震と説明。「もう少し大きい(M8級の)地震を心配する人も多かったが、津波の大きさからしてもその中では小さい方だった。今後もう少し大きいアウターライズ地震が起きる可能性はゼロではない」と注意を促した。

震災直後の余震を除いてプレート境界の沖合でM7以上の余震が発生するのは初めて。この地震に伴う余震について、今後1週間は最大震度4程度が発生する可能性があると推測。また東日本大震災に伴う余震については「引き続きM7以上の地震に気をつけてほしい」と述べた。

M7以上の余震を観測したのは2011年7月10日に発生したM7.3の地震以来。東日本の内陸部など余震域外の地震に与える影響について、斎藤誠・地震情報企画官は「内陸への影響は考えにくいが、震災による地盤の変動が続いており油断はできない」とした。

アウターライズ地震は海側のプレートが陸側のプレートの下に潜り込む海溝よりも沖合で起こる。大震災でプレート同士が固くくっついた領域が壊れ、海側のプレートが地下に引きずり込まれる。この引っ張る力を受けて海側のプレート内部で発生する。

東日本大震災のようなプレート境界地震の後に起きやすいとされ、地震予知連絡会の大竹政和元会長は「今回のような地震が起こると考えられていた」と話す。陸地の揺れは小さいが、地盤が上下方向にずれるため津波は大規模になりやすい。今回は津波が大きくなかったことについて東北大学の海野徳仁教授は「地震規模がM7.3と比較的小さかったため」と説明する。

ただ、大地震発生から数十年後に発生する場合もある。大きな津波被害をもたらした1933年の昭和三陸地震は、1896年の明治三陸地震の影響で起きたアウターライズ地震とされる。「大震災の規模を考えると、M8級のアウターライズ地震が発生してもおかしくない」(地震調査委員会の本蔵義守委員長)とみる専門家は多い。余震の数は減ってきているが、今後も警戒は必要だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン