尖閣ビデオ 海保、研修用に編集 那覇地検の要請で提供

2010/11/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件のビデオ映像がインターネット上に流出した問題で、計約44分間の流出映像は、海上保安庁が事故発生直後に職員向けの研修教材として編集したものだったことが7日、海保関係者への取材でわかった。その後、那覇地検から事件概要を把握するための捜査資料を求められ、提供していた。

流出映像で表示されるクレジットの一部も、編集段階で挿入されていた。海保はこの映像が流出したと断定、石…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]