/

若王子さん誘拐 24年ぶり容疑者逮捕

【マニラ=遠西俊洋】フィリピン国家捜査局は1日、1986年に起きた三井物産マニラ支店長、若王子信行さん(故人)誘拐事件で指名手配されていたロランド・ファハルド容疑者を逮捕したと発表した。

41歳とみられるファハルド容疑者はイタリアで逃亡生活を送っていたもよう。

シンガポール経由で帰国したところをマニラ国際空港で事件発生から24年ぶりに逮捕された。91年以降、比共産ゲリラ「新人民軍(NPA)」の幹部らが相次いで逮捕され、一部が有罪判決を受けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン