/

この記事は会員限定です

日本の消費税、15%必要 OECD事務総長

「法人税、適切に下げて」

[有料会員限定]

経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長=写真=は7日、都内で日本経済新聞社の取材に応じ「消費税は長期的に15%まで引き上げてもよい」との見方を示した。法人税率引き下げの議論を並行して進めるべきだとも指摘した。

2020年までに基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字にする日本政府の目標に対し、OECDは消費増税による財政健全化を提言している。グリア氏は「OECD加盟国の付加価値税(VA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン